ゲン担ぎとロト6

1年の運勢を占うために買ったおみくじの金運が、凄くよく書いてあったら、いつもはロト6だけ、とかロト7だけ、とか宝くじの窓口で判断して、キャリーオーバーしている方だけ買っていますが、ロト6もロト7も両方買ってしまいます。しかも、初夢で白蛇が出てきたり、金がザクザク出るような夢も合わせて見ることが出来たら、当たる確率が上がったかと思ってしまうところです。しかし、なかなか当たらないのが宝くじでしょう。でも1年の始めにかなりの運勢が出ていた金運。一度きりでは諦められません。もちろん2度3度買うこともあります。次は当たるのではないか。と淡い、というより大きな期待を持って買い続けて行くでしょう。でも意外と宝くじも意地悪なもので、ハズレばかりではないのがくせ者です。そこで1万円位の当たりを当ててしまうことがあるんです。気持ちとしては「ついに!序章だ!」と感じてしまうのです。次もロト6とロト7を買おう!と。でも考えてみたら、両方を買うことで2500円。一週間に2~3回抽選があるので、一万円なんてあっという間に使ってしまいます。結局、おみくじも占いも同じで、予言。ではなく、自分がどのように過ごしたり、活動したりすることで、こうなるかも。というような、そー言えばおみくじで良いこと書いてあったよね。と思えるような存在で居なければ、逆にキモチが貧しくなってしまう気がします。

«